昭和
   40年 4月 /創業者知名洋二が那覇市に於いてセロファンの販売を主に琉球セロファンを創業
   41年 4月 /押出機、製袋機を設置ポリエチレンフィルムの生産開始
   44年10月 /個人企業から合資会社に改組  押出部門、製袋部門の強化と、グラビア印刷部門を新設
            印刷物の生産を開始
   46年 5月 /本社工場を浦添市大平に建設し、押出部門、グラビア印刷部門の強化とPP縄、ラミ包装紙の
            生産開始
   47年 7月 /合資会社から株式会社に改組  資本金3,360万円
   57年 9月/多層用インフレ機(ダイラミフィルム)を設置   重袋(米袋、肥料袋、飼料袋)の品質強化を図る
            省エネ、ハイ機能の中低圧用双頭式インフレーション押出機を設置し、押出部門を強化
   60年 9月/糸満市西崎町の工業団地内に土地を取得    13,340u(4,035坪)
   61年 3月/増資、資本金4,900万円となる
   61年 7月/本社、工場及び付属建物完成   総面積5,260u(1,590坪)
   61年 8月/糸満市西崎町へ本社、工場移転 GLS型グラビア輪転印刷機の新設 高級印刷分野の生産開始
平成
    3年 4月/デザイン室開設
    8年 4月/関連企業の(有)球邦産業の営業権全部を譲受 新型コンピューター導入稼動
    9年 3月/創業者知名洋二が(社)沖縄県経営者協会会長に就任
    9年 6月/知名武三郎が代表取締役社長に就任
   11年 6月/知名 洋が代表取締役専務に就任
   20年 4月/知名 洋が代表取締役社長に就任
   21年 6月/増資、資本金7,700万円となる